五輪2連覇狙う柔道男子73キロ級の大野将平 準々決勝でリオ五輪決勝のオルジョフと激突

大野将平
大野将平

 東京五輪で24日から始まる柔道競技の組み合わせ抽選会が22日、試合会場の日本武道館で行われた。

 男子日本代表で唯一の五輪2連覇を狙う、ディフェンディング王者の大野将平(旭化成)は初戦で、ルーマニア代表のアレクサンドル・ライクとの対戦が決まった。大野は競技3日目の26日に登場し、08年北京五輪男子66キロ級・内芝正人以来の連覇がかかる。

 順当に勝ち進んだ場合は、リオ五輪決勝で金メダルを争ったオルジョフ(アゼルバイジャン)とは準々決勝で、18年世界王者の安昌林(韓国)は反対の山に入り、こちらも順当で勝ち進んだ場合は、決勝で激突する組み合わせとなった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請