橋下徹氏、小林賢太郎氏解任に疑問「小山田さんこそ即時解任と思ったけど今回はワンクッションも入れずに…」

橋下徹氏
橋下徹氏

 22日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・午後1時55分)では、東京五輪・パラリンピック組織委員会の開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」を務める元ラーメンズの小林賢太郎氏が過去にコントの中でユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を扱っていた動画が拡散していた問題を受け、この日、組織委員会から解任されたことを報じた。

 米ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(本部ロサンゼルス)が21日、小林氏を非難する声明を出していた。

 コメンテーターで出演の元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏は「組織委員会も100%完璧に(人選を)チェックするっていうのは不可能ですよ。だから(問題が)発覚した時の対応が重要であって…」とまず話した。

 その上で「僕は小山田(圭吾)さんに関しては、どう考えたって即時解任だと思っていたんですけど。絶対許されるような行為じゃないし、被害者への償いもないし。僕は小林さんに関してこそ、もっと、その後の活動とかを組織委が見てね、それでもダメだったら解任かも知れないけど、ワンクッション入れずにいきなり解任で…」と続けた上で「しかも言い訳がましく小林さんは『特定のパートでなく全体の調整だから』とか特定のパートじゃないから削除しなくてもいいみたいな言い訳の布石に使っているんじゃないのか?って。全体の調整なら削除しなければいけませんよね」と話していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請