杉村太蔵、小林賢太郎氏解任に「内心の反省を示すというのはなかなか、難しいなというのが正直あります」

杉村太蔵
杉村太蔵

 22日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・午後1時55分)では、東京五輪・パラリンピック組織委員会の開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」を務める元ラーメンズの小林賢太郎氏が過去にコントの中でユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を扱っていた動画が拡散していた問題を受け、この日、組織委員会から解任されたことを報じた。

 米ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(本部ロサンゼルス)が21日、小林氏を非難する声明を出していた。

 コメンテーターで出演の元国会議員でタレントの杉村太蔵は「組織委員会は小林さんにしろ、小山田(圭吾)さんしろ、お願いしたわけですよね。僕は解任も辞任も仕方ないと思うんですけど、もう一歩、なぜ彼らにオリンピック・パラリンピックの演出をお願いしたのか?そこをもう少し説明するべきだと思います」とコメント。

 「彼らなりの音楽や芸術活動を評価していた部分があったんですよね。そこの説明がないので、なんで、こんな人間を?って部分だけが世界に発信されてしまうのは残念だなと」と続けると、「私も過去の言動を言われてしまうと、2度と公職には戻れないなって気になっちゃうわけですよ。これをどういう風に『おまえは反省しているのか?』『反省しています』と言われた時に、この内心の反省を示すというのはなかなか、難しいなというのが正直あります」と話した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請