渡辺彩香が首位 熱海市出身「私に何かできないか、と思っています」

渡辺彩香
渡辺彩香

◆女子プロゴルフツアー 大東建託・いい部屋ネットレディス 第1日(22日、北海道・滝のCC=6578ヤード、パー72)

 出場120選手が60人ずつ午前組、午後組に分かれてプレーし、午前組が終了した。大会主催の大東建託所属の渡辺彩香が8バーディー、ボギーなしの64で回り、首位に立った。「パットがすごく良かったです。一打一打に集中できました」と納得の表情で話した。

 渡辺は、今月3日に土砂崩れが発生した静岡・熱海市の出身で、現在も自宅がある。「私の自宅は離れていますが、見慣れた町なのでショックです。私に何かできないか、と思っています」と神妙に話した。

 1打差の2位は韓国の全美貞(フリー)。さらに2打差の3位に宮里美香(ニチコン)が続く。

 日本ツアー復帰2戦目の渋野日向子(サントリー)は2バーディー、1ボギーの70で回り、首位と6打差の12位につけている。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請