【神奈川】 プロ注目の横浜・金井慎之介は 1回無失点も3四死球

7回から3番手で登板した横浜の今秋ドラフト候補左腕、金井慎之介
7回から3番手で登板した横浜の今秋ドラフト候補左腕、金井慎之介

◆第103回全国高校野球選手権神奈川大会▽5回戦 横浜11―1厚木北=7回コールド(22日・サーティーフォー保土ケ谷)

 横浜の最速148キロ左腕・金井慎之介投手(3年)は、10点リードの7回裏に登板。無安打、奪三振1で無失点に抑えたものの、1四球、2死球を与え、課題の制球に不安をのぞかせた。

 「理想は3者凡退。それを求められていたと思いますが、期待に応えられなかった。いい球と悪い球にばらつきがありました」と金井。スカウトの計測で、最速は142キロ。コンスタントに140キロをマークし、低めに決まる素晴らしいボールも見られたが、自在に操ることは出来なかった。

 この日の登板は、救援で1回無失点だった2回戦の足柄戦(13日)以来2度目。村田浩明監督(35)は「慌ただしく(肩を)つくっての登板だったが、彼なりにやってくれた。ここから上げていってほしい」と今後に期待した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請