五輪組織委、またも演出担当の過去の不適切言動を見抜けず 人選の“丸投げ”に橋本聖子会長「調査し切れず責任を痛感」

橋本聖子会長
橋本聖子会長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は22日、都内のメーンプレスセンター(MPC)で開会式前日の記者会見を行い、開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」を務める元ラーメンズの小林賢太郎氏の解任を発表した。

 開閉会式の演出に関わる関係者では、総合統括だった佐々木宏氏が出演予定者のタレント・渡辺直美を豚と見立て「オリンピッグ」と演じさせる不適切な演出プランで、音楽担当だったミュージシャン小山田圭吾は過去に雑誌でいじめを告白し、文化プログラムに出演する予定だった絵本作家の、のぶみさんは、過去の著書やSNSで発信したとされる内容に対して批判を浴びたとして出演を辞退。今回の小林氏は辞任を受け付けず、「解任」という形で発表した。

 演出担当者らの過去の不適切な言動を一切、調査することもなく演出家グループに人選を丸投げしてきた失態がまた出た。

 橋本会長は「私が責任者となる。それぞれの立場で担っていただくアーティストのバックグラウンドを調査し切れていないことは責任を痛感している」と述べた。組織委内での責任問題や処分については「組織委として誰がどのように取るかと言うことは、全体は私が責任者。それを含めて明日の開会式、全体の運営を見ていただいて、ご心配されない体制作りをするのも私の役割。ご理解いただける準備、体制を早急に整えたい」と明言を避けた。

 武藤敏郎事務総長は「いくつかの我々にとっては非常に望ましくない事件が起こっているのはその通り。世界に東京が本来、発信すべきものに影響を与えているのは残念だが、しかし我々が当初考えている東京の価値は持っているので、発信していきたいと思う」と述べたが、苦しい弁明にすぎなかった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請