市川染五郎、2度の延期経て公開初日「率直にうれしい」杉咲花「まぶしい作品」

鏡開きを行った市川染五郎と杉咲花
鏡開きを行った市川染五郎と杉咲花

 歌舞伎俳優の市川染五郎と女優の杉咲花が22日、都内で声優を務めたアニメ映画「サイダーのように言葉が湧き上がる」(イシグロキョウヘイ監督)の初日舞台あいさつを行った。

 コミュニケーションが苦手な少年・チェリーと、マスクで素顔を隠す少女・スマイルによる青春物語。新型コロナの影響で2度の延期を経て公開初日を迎え、声優初挑戦の染五郎は「何とか公開を迎えられて、率直にうれしい。俳句という要素もあり日本語の美しさが感じられる作品です」。杉咲は「この映画にぴったりの夏に公開となって、うれしい。とても、まぶしい作品。映像がカラフルでポップな、夏のからっとしたキラメキを感じます」と声を弾ませた。

 声を演じたチェリーについて、染五郎は「人見知りで、気持ちをうまく言葉にできない。自分も人見知りなところがあって、似ている部分がたくさんあって、不思議なご縁を感じます」。気持ちを俳句で表現することにも「歌舞伎のせりふも七五調で似ている部分があって通じる部分があります」と語った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請