蓮舫氏、菅首相周辺の情報管理をバッサリ「危機管理が全くできていない」

蓮舫氏
蓮舫氏

 立憲民主党の蓮舫参院議員が22日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染再拡大の中、対策が後手に回っているかに見える菅義偉首相と、その周辺の情報管理を厳しく批判した。

 この日、菅首相があくまで東京五輪開催優先で感染状況について「これから良くなる」など楽観的な予測をしていたのではという記事を貼り付けた蓮舫氏。

 「ワクチンをめぐった状況や感染拡大の不安と自粛への限界などの現実が菅総理には届いていません。官邸での閣僚らとのやり取りを朝日新聞や読売新聞が詳細に報道しているように、政権中枢の情報が相当漏らされてます」とつづると、「危機管理が全くできていない。臨時国会を開き国会が行政監視をするべき時です」と提言していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請