東京五輪のチケット売り上げは4万枚 宮城・静岡の会場のみ有観客対象で 希望者払い戻し3万枚

オリンピックモニュメント
オリンピックモニュメント

 東京五輪・パラリンピック組織委委員会は22日、宮城県・静岡県の4会場18セッションのみ有観客(学校連携対象のカシマスタジアムは除く)となった東京五輪のチケット販売数は約4万枚だったことを発表した。

 五輪のチケットは新型コロナウイルス感染拡大による延期発表前に約448万枚を売り上げ、6月の5者協議で「収容人数50%以内、最大1万人以内」という観客上限方針を決めた時点では約363万枚が残っていた。だが、新型コロナウイルスの感染再拡大で今月8日に1都3県を含む多くの会場が無観客となり、356万枚が自動で払い戻し決定。加えて、宮城、静岡の会場のチケットホルダーで希望者を対象に行った払い戻し受付で3万人が払い戻しを希望したという。

 コロナ禍前では、チケットの追加販売を含めて約780万枚を見込んでいただけに、想定の0・5%にまで落ち込んでしまったことになる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請