ゲレロが2試合ぶりの32号で大谷と2本差 やや狭いマイナーのスタジアムでの43試合で21本と荒稼ぎ

ブラディミール・ゲレロ(ロイター)
ブラディミール・ゲレロ(ロイター)

◆米大リーグ ブルージェイズ・レッドソックス(21日・バファロー=セーレン・フィールド)

 ブルージェイズのブラディミール・ゲレロ内野手が21日(日本時間22日)、本拠のバファローでのレッドソックス戦で、エンゼルスの大谷翔平投手に2本差に迫る32号の本塁打を放った。

 3点ビハインドで迎えた4回、先頭打者として打席に入ったゲレロは逆方向の右中間へと運ぶソロ本塁打を放った。

 本拠地がまだ使えないブルージェイズだが、ゲレロはダンイーデン、バファローと狭いマイナーのスタジアムで43試合で21本目(敵地球場では48試合で11本)と荒稼ぎしている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請