【阪神】佐藤輝明、ギータ流で逆方向6発…“打撃改造”で課題の内角克服へ「有効に過ごしたい」

オールスターで逆方向にソロを放っていた佐藤輝明
オールスターで逆方向にソロを放っていた佐藤輝明

 ギータにならう―。阪神の佐藤輝明内野手(22)が21日、オールスター出場からチーム復帰後初めて屋外フリー打撃を行い、40スイング中6本のサク越えを披露。全てを中堅から左方向に放った。球宴では憧れの柳田(ソフトバンク)と交流することに成功し「これからも参考にさせていただきながら練習していきたいです」と士気を高めた。

 2人の共通点は広角に怪物級の飛距離を出せる点にある。1年目は主に2軍で経験を積んだ柳田だが、今や確実性と長打力を兼ね備えた球界一の強打者。虎の怪物ルーキーは「よく見させてもらっています」と柳田の映像を日頃から見て学んでおり、直接交わした会話は今後の財産だ。

 27日からは非公式戦がスタート。8月13日からの後半戦に備える。「内角もそうですし、いろいろ試すことのできるいい期間だと思うので、有効に過ごしたいなと思います」。“打撃改造”で課題の内角克服へ。最強新人は更なる成長曲線を描く。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請