【千葉】専大松戸・吉岡道泰が涙のサヨナラ満塁弾で甲子園切符 決勝初のタイブレーク制す

サヨナラ弾を放ち号泣しながら塁を回る専大松戸・吉岡(カメラ・泉 貫太)
サヨナラ弾を放ち号泣しながら塁を回る専大松戸・吉岡(カメラ・泉 貫太)
優勝を決めるサヨナラ満塁本塁打を放った吉岡(7番)を大喜びで迎える専大松戸ナイン(カメラ・泉 貫太)
優勝を決めるサヨナラ満塁本塁打を放った吉岡(7番)を大喜びで迎える専大松戸ナイン(カメラ・泉 貫太)

◆第103回全国高校野球選手権千葉大会 ▽決勝 専大松戸10X―6木更津総合(21日・ZOZOマリン) =延長13回タイブレーク=

 千葉の決勝は6―6の延長13回から、地方大会の決勝で初めてタイブレーク制が採用され、13回裏に専大松戸の吉岡道泰左翼手(3年)がサヨナラ満塁本塁打で木更津総合を下した。

 拳を掲げてダイヤモンドを1周する目には、うれし涙が光っていた。6―6でタイブレークに突入した13回無死満塁。専大松戸の吉岡が4球目の直球をとらえると、打球は右翼席へ飛び込んだ。サヨナラ満塁弾だ。「野球人生の中で一番記憶に残る試合です」。昨夏の代替大会で敗れた木更津総合を倒して15年以来2度目となる春夏連続甲子園出場を決め、喜びをかみしめた。

 ベンチから飛び出し、喜びを爆発させる仲間の輪の横で、ヒーローは泣き崩れた。今春のセンバツ。中京大中京との1回戦7回裏の守りだった。0―0で2死二塁のピンチ。左前に飛んだ低いライナーにダイビングキャッチを試みたが及ばなかった。結果は2点ランニング本塁打となり、チームは0―2で敗れた。「あの悔しさは忘れられません。レフトに打球が来ると怖くなることもあります。でも、それを捕れば、甲子園でリベンジできるっていう気持ちでやってきました」。悔しい思いをした分、甲子園への思いは強くなっていた。

 チームメートは「あれは思い切りがよかった」と励ましてくれた。だから、打席で負の感情は浮かばなかった。「ここまで支えてくれたチームのことを思うと、打てる気しかしませんでした。専大松戸で野球をやっててよかったなって思いました。この仲間と少しでも長く野球がしたい」と笑顔で語った。

 試合前には持丸修一監督(73)から「春と夏、勝たなくては名門と呼べないぞ」と活を入れられていた。「今度は甲子園の観客を沸かせたい。目標は全国制覇です」。夏の千葉王者が、春の雪辱を果たすために甲子園へ戻る。(水上 智恵)

 ◆吉岡 道泰(よしおか・みちやす)2003年5月4日、千葉・松戸市生まれ。18歳。小学2年から野球を始め、江戸川中央リトルシニアに所属。専大松戸では1年春から左翼手でベンチ入り。憧れの選手はイチロー。181センチ、81キロ。右投左打。

 ◆決勝でのタイブレーク制 今春のセンバツから決勝でも延長13回からタイブレークを適用することになり、用いられたのは初めて。無死一、二塁の状況で、前の回からの継続打順で攻撃を始める。18年センバツから導入されたが地方大会を含む決勝は例外で、延長15回で決着しない場合は翌日以降に再試合を行う規則になっていた(再試合では適用)。

サヨナラ弾を放ち号泣しながら塁を回る専大松戸・吉岡(カメラ・泉 貫太)
優勝を決めるサヨナラ満塁本塁打を放った吉岡(7番)を大喜びで迎える専大松戸ナイン(カメラ・泉 貫太)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請