町田啓太「心が躍りました」 葛飾北斎の展示会で音声ガイドに初挑戦

特別展「北斎づくし」をPRした町田啓太
特別展「北斎づくし」をPRした町田啓太

 俳優の町田啓太が21日、都内で行われた特別展「北斎づくし」(22日~9月17日、東京ミッドタウン・ホール)の記者発表会に出席した。

 浮世絵師・葛飾北斎の生誕260年を記念し、代表作「北斎漫画」、「冨嶽三十六景」、「富嶽百景」の全ページ・全点・全図が一堂に会する展示会。アンバサダーを務める町田は、“北斎ブルー”の鮮やかな青のスーツ姿で登場。一足先に展示品を見て回り「受け止めきれないくらい圧巻。一緒に描かれている人物たちの魅力的で、(作品の中で)富士山を見ている人たちと同じような気持ちになれる展示会だと思っていました」と満足げだった。

 初の音声ガイドにも挑戦。美術展では音声ガイドを聞くことが多いと明かし「いつか挑戦したいと思っていたら、こんなにもステキな展示会。お話をいただいた時は心が躍りました」。通常の説明に徹底した音声ガイドとは一線を画し「要所に北斎の絵にある遊び心と同じで僕も感情を入れたセリフ調なところもあります」とPRした。自身もこの日、音声ガイドを聞きながら展示会を回ったと言うが、「途中で切りましたね(笑い)特別に生でガイドをしていただき、そっちを聞きたいと夢中になってしまったので…」と苦笑いした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請