清水隆行氏 自分の目で選手の成長確認 1軍首脳陣にも意義ある試合になった…3チーム対抗戦

6回表1死三塁、右犠飛を放った元木軍・北村拓己をグータッチで迎える元木ヘッドコーチ(中央)(カメラ・中島 傑)
6回表1死三塁、右犠飛を放った元木軍・北村拓己をグータッチで迎える元木ヘッドコーチ(中央)(カメラ・中島 傑)
リアルジャイアンツカップ・イニング
リアルジャイアンツカップ・イニング

◆リアルジャイアンツカップ 元木軍―阿部軍―二岡軍(21日・東京ドーム)

 巨人が21日、チーム内対抗戦「リアルジャイアンツカップ」を東京ドームで行った。1、2、3軍を球団内ドラフト会議によって「元木軍」「阿部軍」「二岡軍」の3チームに編成。7イニング制で得点を競い、リクエスト制度まで導入された真剣勝負は二岡軍が5得点で勝利した。湯浅大内野手(21)が3安打2打点で最優秀選手(MVP)に。チームの看板選手から育成選手まで「1TEAM」になって結束を深めた。巨人OBで野球評論家の清水隆行氏は、首脳陣が見守る中で繰り広げられた熱戦の意義を指摘した。

 * * *

 選手だけでなく、首脳陣にとっても意義がある試合になったと思う。1軍首脳陣は普段プレーを見られない若手選手を評価する時、2軍首脳陣の報告とデータが判断基準になるのが普通だが、この試合は1軍首脳陣が自分の目で選手の一投一打を見られた。しかも、結果に至るまでの過程も見ることが出来た。

 湯浅を例に挙げる。3安打2打点。その数字よりも内容がよかった。6回の4打席目、2球目のストレートを強振してファウル。しかし、1ボール2ストライクからの変化球を強引にいかず、中前に打った。振りにいけるカウントでは思い切ってスイングし、追い込まれると打撃を変えた。カウント、状況によってスイングを変えられることをアピールできた。元々守備と走力の評価は高いが、飛ばす力も秘めている打撃も確実に対応の幅が広がっている。首脳陣は単に3本目の安打というよりも、その安打を打つまでの過程をしっかりと見届けたはずだ。

 投手では2回をピシャリと抑えた戸田。ストレートだけでなく変化球も操れ、リズムよくストライクを先行させた。ただ、投手有利のカウントで厳しい球を投げられる状況の時に、甘く入ってしまう球が数球あった。そのあたりの精度を上げて投球に強弱がつけば、評価はさらにワンランク上がるだろう。(野球評論家・清水隆行)

6回表1死三塁、右犠飛を放った元木軍・北村拓己をグータッチで迎える元木ヘッドコーチ(中央)(カメラ・中島 傑)
リアルジャイアンツカップ・イニング
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請