【巨人】原辰徳監督「一人一人頼もしく見えた」後半戦へ満足 優勝へ日本一へ改めて結束…3チーム対抗戦

報道陣から贈られた誕生日ケーキを前にポーズをとる原監督(東京ドームホテル協力=カメラ・中島 傑)
報道陣から贈られた誕生日ケーキを前にポーズをとる原監督(東京ドームホテル協力=カメラ・中島 傑)

◆リアルジャイアンツカップ 元木軍―阿部軍―二岡軍(21日・東京ドーム)

 巨人が21日、チーム内対抗戦「リアルジャイアンツカップ」を東京ドームで行った。1、2、3軍を球団内ドラフト会議によって「元木軍」「阿部軍」「二岡軍」の3チームに編成。7イニング制で得点を競い、リクエスト制度まで導入された真剣勝負は二岡軍が5得点で勝利した。湯浅大内野手(21)が3安打2打点で最優秀選手(MVP)に。チームの看板選手から育成選手まで「1TEAM」になって結束を深めた。

 球団内ドラフトで3チームを編成した史上初の試みは大成功に終わった。考案した原監督はネット裏から奮闘を見守った。「全員が集中力を持って戦った。一人一人頼もしく見えた」と満足そうにうなずいた。

 単なる見せ物として1~3軍合同での対抗戦を考えたわけではない。選手それぞれの“現在地”を知らせる思いがあった。「一流どころの選手と肩を並べて野球をする。差がないと感じるのか、あるいは少々差はあるから精進していこうと思うのか」。1軍選手も育成選手も一緒になってプレーする機会を、いい“物差し”にしてほしかった。

 後半戦に向けた新戦力の発掘も、狙いにある。「結果を出すことはもちろん大事だけど簡単なことではない。練習の時とか立ち居とかも見る。どういう気持ちで野球に取り組み、どれだけの大志を持ってやっているのか」。若手選手にも練習中に多く声をかけ、じっくり観察した。

 試合後にはMVPに湯浅、敢闘選手に松原、北村、戸田を選出した。「これまでもみんなでカバーし合って、これからも同じ形になる。このチームで我々はペナント優勝、日本一になることが目標だと改めて自覚してくれれば」。志も含めて巨人が「1TEAM」になった。(西村 茂展)

報道陣から贈られた誕生日ケーキを前にポーズをとる原監督(東京ドームホテル協力=カメラ・中島 傑)
リアルジャイアンツカップ・イニング
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請