【巨人】二岡軍勝った リクエスト初体験「真剣にやりました」3軍の成長見せた…3チーム対抗戦

選手を迎える二岡3軍監督
選手を迎える二岡3軍監督
リアルジャイアンツカップ・イニング
リアルジャイアンツカップ・イニング

◆リアルジャイアンツカップ 元木軍―阿部軍―二岡軍(21日・東京ドーム)

 巨人が21日、チーム内対抗戦「リアルジャイアンツカップ」を東京ドームで行った。1、2、3軍を球団内ドラフト会議によって「元木軍」「阿部軍」「二岡軍」の3チームに編成。7イニング制で得点を競い、リクエスト制度まで導入された真剣勝負は二岡軍が5得点で勝利した。湯浅大内野手(21)が3安打2打点で最優秀選手(MVP)に。チームの看板選手から育成選手まで「1TEAM」になって結束を深めた。

 三つどもえの戦いを制した二岡3軍監督は「ドラフトが終わった時点で、僕の仕事は終わったのかなという感じがしたので。あとは選手がやってくれると思っていた」と選手をたたえた。

 6回2死一塁で代打に亀井を起用。ベテランが安打でつなぎ、ダメ押しの1点を加えた。指揮官は「前日(20日)に亀井に連絡して(出場は)後からでもいいという了承は得ていた。3軍監督として若い選手を出してあげたかったので、そこはちょっと一言、言っておきました」と舞台裏を明かした。3軍戦にはないリクエストも要求し「真剣にやりました」と振り返った。

 試合中は香月や岸田らもベンチを盛り上げ「コーチもしっかり声を出してくれましたし、こういう形で3軍はやっている。選手はその感じを受けてやっていた」。3軍の色も見せ、一丸で勝利をつかみ取った。

選手を迎える二岡3軍監督
リアルジャイアンツカップ・イニング
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請