【巨人】湯浅大MVP ただ一人3安打アピール「打撃が課題、結果残せて良かった」…3チーム対抗戦

2回2死一、二塁、二岡軍の湯浅大が井納から左線に適時二塁打を放つ
2回2死一、二塁、二岡軍の湯浅大が井納から左線に適時二塁打を放つ
リアルジャイアンツカップ・イニング
リアルジャイアンツカップ・イニング

◆リアルジャイアンツカップ 元木軍―阿部軍―二岡軍(21日・東京ドーム)

 巨人が21日、チーム内対抗戦「リアルジャイアンツカップ」を東京ドームで行った。1、2、3軍を球団内ドラフト会議によって「元木軍」「阿部軍」「二岡軍」の3チームに編成。7イニング制で得点を競い、リクエスト制度まで導入された真剣勝負は二岡軍が5得点で勝利した。湯浅大内野手(21)が3安打2打点で最優秀選手(MVP)に。チームの看板選手から育成選手まで「1TEAM」になって結束を深めた。

 試合後に全員がグラウンドで円を作った真ん中で、原監督からMVPとして湯浅の名前が呼ばれた。拍手に包まれながら笑顔で指揮官のもとへ行き、グータッチを交わした。「元木さんからも『おめでとう』と言われました。『ありがとうございます』と返しました」。二岡軍の“ドラフト3位”として「1番・遊撃」でスタメン出場し唯一の3安打だ。

 初回先頭、今村の初球をはじき中前安打で出塁すると勢いに乗った。2回2死一、二塁では井納の変化球を左翼線へ、決勝点となる2点タイムリー二塁打。続く松原の安打で二塁から快足を飛ばし本塁へ生還した。6回2死一、二塁では左腕・山本から中前安打を放ち満塁へ好機を拡大。2打点の活躍に「バッティングは課題としているので、そこで結果が残せたのはよかった」と納得の表情だった。

 課題克服へ燃えていた。試合前の打撃練習では中堅から逆方向への打撃を意識し、ひたすらバットを振り体に染みこませた。結果、中堅への安打が2本。「そういうところがつながったのかなと思います」と喜んだ。

 ライバルも奮起し、アピール合戦となった。吉川が離脱した後の二塁を主に担う北村が先制アーチで敢闘選手に輝けば、増田大は6回1死に安打を放ち、武器の足を生かし得点に絡んだ。「結果にこだわってアピールしようと思った」。激しい二塁争いは、まだまだ続く。(小林 圭太)

2回2死一、二塁、二岡軍の湯浅大が井納から左線に適時二塁打を放つ
リアルジャイアンツカップ・イニング
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請