【侍ジャパン】坂本勇人 侍リーダーの自覚「こっちからどんどん声をかけていければ」

バント練習をする村上宗隆(手前)を山田哲人(後方右)と談笑しながら見つめる坂本勇人
バント練習をする村上宗隆(手前)を山田哲人(後方右)と談笑しながら見つめる坂本勇人

 東京五輪に出場する野球日本代表「侍ジャパン」の巨人・坂本勇人内野手(32)が強化合宿3日目の21日、取材に応じ、チームを引っ張っていく決意を示した。

 楽天・田中将、中日・大野雄、ソフトバンク・柳田とともに最年長の坂本は「短い期間の中でコミュニケーションを取らないといけないので、そこは率先して間に入ったりして、こっちからどんどん声をかけていければいいかなと思っています」と話した。

 この日は2日連続でロングティーを行い、汗を流した。強化試合2試合を経て、28日にドミニカ共和国戦(福島)との開幕戦を迎えるが「いい準備をして、いい状態で本番を迎えられたら」と意気込んだ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請