なでしこジャパン、痛恨のPK失敗…途中出場FW田中のキック止められ、同点ならず

後半、PKを外した田中美南(11番)は両手で顔を覆った(カメラ・石田 順平)
後半、PKを外した田中美南(11番)は両手で顔を覆った(カメラ・石田 順平)

◆東京五輪1次リーグ第1戦 日本―カナダ(21日、札幌ドーム)

 なでしこジャパンは初戦のカナダ戦、後半9分にFW田中美南がPKを失敗し、同点のチャンスを逃した。

 前半6分に先制を許し、同点を狙って後半の開始から田中を投入。すると同5分、左サイドを破ったMF長谷川のクロスが田中へ。カナダ代表GKラビーと接触して倒れると、一時は田中のファウル判定に。しかしVARチェックの末にPKが与えられた。

 キッカーは田中が務めたが、ゴール左を狙ったシュートはコースが甘く、GKにセーブされた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請