なでしこジャパン、初戦・カナダ戦で先制ゴール許す 38歳FWシンクレアに

カナダ戦の前半、ボールをクリアする日本の熊谷紗希(カメラ・石田 順平)
カナダ戦の前半、ボールをクリアする日本の熊谷紗希(カメラ・石田 順平)

◆東京五輪1次リーグ第1戦 日本―カナダ(21日、札幌ドーム)

 なでしこジャパンは1次リーグ初戦のカナダ戦で、先制ゴールを許した。

 前半6分、左サイドを破られてグラウンダーのクロスを許すと、キャプテンのDF熊谷がスライディングで伸ばした足も届かず。後方から走りこんだ38歳のFWシンクレアに通ると、1本目のシュートはポストに当たったが、そのリバウンドを再びシンクレアに押し込まれて先制点を許した。

 シンクレアは北京五輪から4大会連続出場を誇る女子サッカー界のレジェンド。この得点が代表通算187点目で、自身の持つ世界最多記録を更新した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請