男子団体は中国とは逆の山 混合ダブルスは強敵ぞろい 五輪卓球ドロー

卓球代表の張本智和(左)と石川佳純
卓球代表の張本智和(左)と石川佳純

 東京五輪の卓球の組み合わせ抽選が21日、会場の東京体育館で行われ、男子団体で第3シードの日本は中国とは逆の山に入った。

 順当なら2戦目の準々決勝でスウェーデン、準決勝ではドイツか台湾と対戦予定。張本智和、丹羽孝希、水谷隼が、リオ五輪決勝で敗れた中国に雪辱を期す。

 伊藤美誠、石川佳純、平野美宇が出場する女子団体は、第2シードのため中国とは決勝まで当たらない。男女団体は8月1日から始まる。

 伊藤美誠と水谷隼が組む混合ダブルスは台湾、韓国、ドイツといった強敵と同じ山に入った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請