橋本聖子会長、コロナ禍で薄まっているテーマ「復興五輪」を強く訴える

橋本聖子会長
橋本聖子会長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は21日、都内のメーンプレスセンター(MPC)で「復興の貢献」をテーマとした記者会見を行った。

 今大会最初の競技として、同日の午前中に福島あづま球場で開催された日本―オーストラリア戦を視察後、都内に戻り会見した。無観客の会場の感想として、橋本会長は「あづま球場の映像が国際映像で世界中に届けられた。無観客とはなったが、きれいな人工芝に張り替えられた球場で躍動する様子を多くの方にご覧いただいた」と前置きし、「今夜には宮城でサッカー女子の予選が開催される。ぜひ、地元の方には東北の新たな歴史の一歩にして頂きたいですし、世界に東北の人たちの気持ちが伝わればと思います」と語った。

 コロナ禍で陰に隠れてしまった東京五輪のもう1つのテーマ「復興五輪」を改めて訴えた。「東京大会が終わるまで、そしてこれからも、最初の試合が東北が始まったことで、復興五輪・パラリンピックだと思っていただけるよう、努力を続けて行かない」と語り「すべての問題が解決して組織委は解散となりますが、1年後くらいまでは存続するんだろうと思います。レガシーがどのように引き継がれるか、やっていきたい」と話した。

 コロナの感染状況が悪化していく前に、ほとんどの競技を無観客にしたことに「きょうの最初の試合を見ますと、やはり、見ていただきたかったなと言う思いは正直ある。ただこれはそう決めた以上、一番重要なのは今後、有観客が原因で大変な状況となったら申し訳ない状況になる」などと話していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請