夏の甲子園は無観客開催決定 日本高野連が発表

甲子園球場
甲子園球場

 第103回全国高校野球選手権大会(8月9~25日、甲子園)を主催する日本高野連は21日、オンライン会見を開き、無観客開催を決定したと発表した。この日の臨時運営委員会で決まった。新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえて一般客への入場券販売は行わず、学校関係者のみ内野席への入場を可能とした。組み合わせ抽選は8月3日にオンラインで実施される。

 2年ぶりとなる夏の甲子園開催が無観客となった経緯について、日本高野連の八田英二会長は「春(センバツ)に比べて出場校が多く、大会期間も長くなる。感染力の強いデルタ株の流行も要素として加わった。総合的な判断で、一般客の入場はお断りする決断に至りました」とした。

 出場する代表校関係者は大会前、初戦勝利後、準々決勝後と最大で計3回のPCR検査を受ける。大会関係者についても大会前、8月17日の計2回PCR検査を実施する。

 また、高校日本代表が出場を予定していたU18W杯(米フロリダ州、9月10~19日)についても、派遣中止を発表。開催地の今後の新型コロナ感染状況が見通せないことなどが理由とした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請