【石川】日本航空石川が長打連発で4強入り 3試合で6本塁打と絶好調「今日もどんぶりご飯3杯を食べます」

右越え本塁打を放った5番・平木
右越え本塁打を放った5番・平木

◆第103回全国高校野球選手権石川大会 ▽準々決勝 日本航空石川9―2=7回コールド=(21日・石川県立)

 第2シードの日本航空石川は、9-2の7回コールドで小松商を破り、4強入りを決めた。1回1死で2番・谷頭太斗二塁手(2年)が左越えホームランで先制すると、2回先頭では5番・平木昇之介一塁手(3年)が右越えホームラン。10安打で5本の長打が飛び出し、小松商を圧倒した。高校通算6本目のホームランボールを受け取った平木は「親には今まで迷惑を掛けてきたので、プレゼントしたい」と満面の笑顔を浮かべた。

 日本航空石川の強力打線が止まらない。17日には能登との3回戦で、3番・内藤鵬三塁手(2年)の2本を含む4本塁打が飛び出すと、この日も2本塁打で打線に火が付いた。平木は「味方打線の調子が良かったので、打てるかなと思った。チャンスで出たのは良かったです」と振り返った。4回には1点差まで追い上げられたが、5回は4安打で3得点上げて、勝利を引き寄せた。

 強力打線の原動力となっているのが、徹底した体作りとスイングスピードだ。入学後からどんぶりご飯3杯を食べ、練習ではウェイトトレーニングを徹底。スクワットで160キロを上げる平木のほか、200キロを上げる選手も。さらに昨冬からはスイングスピードを測る機械を5台導入した。「みんなでスピードを競い合っている。全力でスイングするのが当たり前になりました」と平木。1番・平子真弘右翼手(3年)は148キロ、3番・内藤は156キロをマークするなど、群を抜くスピードを身につけた。

 24日の準決勝は、金沢と鵬学園の勝者と対戦する。「みんなでホームランを打ちたい。今日もどんぶりご飯3杯を食べます」と平木。夏バテ知らずの強力打線で、4年ぶりの夏甲子園を目指す。(中田 康博)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請