【巨人】二岡智宏監督「前日に亀井に連絡して若い選手を」采配的中で快勝

2回、松原聖弥の右前適時打で二塁から生還した湯浅大(右)をグータッチで迎える二岡智宏3軍監督
2回、松原聖弥の右前適時打で二塁から生還した湯浅大(右)をグータッチで迎える二岡智宏3軍監督

◆リアルジャイアンツカップ 元木軍―阿部軍―二岡軍(21日・東京D)

 巨人は21日、東京Dで1、2、3軍混合の紅白戦「リアルジャイアンツカップ」を開催した。

 元木軍、阿部軍、二岡軍の3チームでドラフト会議を行い、チーム編成を決めて臨んだ史上初の試み。

 新戦力発掘、なるべく多くの選手にアピールの機会を与える目的で、7イニング制で1回表、1回中、1回裏という形で進める斬新な特別ルールで実施。試合は5―2―1で5得点を挙げた二岡軍が勝利した。元木軍は2得点で2位、阿部軍が1得点で3位だった。

 1番・湯浅、2番・松原の打線が初回から機能した二岡監督は「特に初回の攻撃を意識した。松原の方が左だしダブルプレーはないかなと考えながら、相手の先発が左の今村だったので、湯浅が1番で松原2番の方がいいんじゃないかなと思って決めました」と説明。

 その後も若手主体に組んだ打線がつながって効果的に得点を挙げた。「うまくいったのかな、という感じがしますし、前日に亀井に連絡して、後から(途中出場)でもいいという了承だけは得ていたので。3軍の監督の立場として、若い選手を出してあげたかったので。そこは亀井に言っておきました」と話した。

 山下や平間、増田陸などフレッシュな選手が並んだ二岡軍のスタメン。その中で亀井は、6回に「9番・DH」萩原の代打で左前安打。二岡軍が快勝した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請