劇団EXILE、初の劇団員全員で連ドラ主演 18年公開映画の続編

ABEMAの連ドラでデュエットを披露する青柳翔と八代亜紀
ABEMAの連ドラでデュエットを披露する青柳翔と八代亜紀

 劇団EXILEが、動画配信サービス「ABEMA」で配信される連続ドラマ「JAM ‐the drama‐」(8月26日スタート、木曜・後10時)に総出演し、全員で主演を務める。劇団員9人がそろってドラマ主演を飾るのは、今回が初めてとなる。

 同作は劇団EXILEの全メンバーが総出演した映画「jam」(18年)の続編。映画版を手掛けたSABU監督が再びメガホンを執る。意識不明になった恋人のためにある計画を企てるタケル(町田啓太)と、その計画によって運命が激変する男たちを描く。3年ぶりの新作に町田は「この作品をドラマ化できるのかと驚きました。前作よりもユーモラスで刺激的になっています」と自信をのぞかせた。特別ゲストとしてデビュー50周年を迎えた演歌歌手・八代亜紀(70)も本人役で登場。青柳翔(36)とデュエットを初披露する。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請