24日に登場の池江璃花子、五輪に感じた“赤い糸”「これが自分の運命」

池江璃花子
池江璃花子

 23日開幕の東京五輪に出場する競泳の男女日本代表が21日、取材に応じ、白血病の闘病を経て2度目の五輪に挑む女子の池江璃花子(ルネサンス)が「1年前じゃ考えられなかった環境に今いると思うけど、これが自分の運命だと思う」と五輪との“赤い糸”を語った。

 初出場だった5年前の16年リオ五輪は7種目12レースに出場。東京大会は個人種目の出場機会はなく、2種目のリレーで日本チームを鼓舞する。血のにじむ努力を積み重ねたこの5年。闘病で一度はあきらめていた東京の切符をつかんだ道のりを振り返り、「たぶん、オリンピックに出ることが、きっと決まっていたんだろうなって思う。東京五輪が(コロナ禍で)延びたりして、こういう環境での開催になったけど、自分に東京オリンピックに出させてもらうチャンスができたということだけで、ものすごく大きなものではあったのかも知れないし。与えられた使命というか、自分がこの東京オリンピックに出ることは必然だったかも知れない。なので、自分が与えられた、このリレーで力を発揮することをしっかり全うして結果に結びつけられたらなと思う」と語った。

 競技初日の24日夜(19時~21時30分)の女子400メートルリレー予選から登場し、最終日のメドレーリレーでフィナーレを飾る。

 19日から公式練習が始まり、現在の調子は「今の調子は結構、いい感じ。完全に調整の段階に入っていてタイムもすごく安定してる。気持ち的にも五輪本番が近づいている時間がある。泳いではいないんですけど、この間、アクアティクスセンターに行って、雰囲気を見ていよいよ始まるんだなって気持ちになりました」。

 2種目のリレー出場に向けても「個人(種目)だと、後半のことを考えると前半から積極的なレースをするのが怖くてできなかったりするんですけど、リレーだと『前半から行こう』って気持ちになって、そのまま最後まで泳ぎ切ってタイムが良かったりすることが多いので、リレーに関しては結構、力を発揮できる方だと思います」

 無観客開催には「日本選手権に海外の選手たちが入ったかなみたいな感覚になるんじゃないかなと。選手村に入った時は日本に海外の人がいることにすごい違和感を感じましたね。アクアティクスセンターに海外の選手がいることを思うと、すごく不思議な感覚になって、その時に五輪が始まるなっていう気持ちにもなりました」と池江。

 メダル獲得に向けて決勝に残れるか「ギリギリのところ」だが、「とにかく決勝に残ってフリーリレーと、メドレーリレーは自由形かバタフライかは分からないですけど、日本記録を更新できたら、かっこいいかなと思うので頑張ります」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請