NHK大河ドラマ「青天を衝け」最終話は12月26日放送 全41話に

 NHKの正籬聡放送総局長が21日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、現在放送中の大河ドラマ「青天を衝け」(日曜・後8時)の最終話を12月26日に放送すると発表した。計41話になる。次回作の大河「鎌倉殿の13人」は来年1月から放送される。

 主演の吉沢亮が日本の資本主義の父と言われる実業家・渋沢栄一を演じるドラマ。現在は第23回まで放送されており、栄一がパリへ派遣されている間に江戸幕府の第15代将軍・徳川慶喜が大政奉還を行った。次回以降は東京五輪・パラリンピックの影響で休みになることが発表されており、最終回がいつになるのか話題になっていた。

 なお前作「麒麟がくる」は44話、その前の「いだてん~東京オリムピック噺~」は47話だった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請