パリSG、ポグバ獲得へ始動

 フランスの強豪パリSGが、マンチェスター・U所属のフランス代表MFポール・ポグバ(28)の獲得に動き始めたことが明らかになった。

 英大衆紙『デイリー・ミラー』によると、パリSGのポチェティーノ監督がポグバの獲得を熱望。ユーロ2020優勝の立役者イタリア代表GKドンナルンマ、昨季のインテル優勝に貢献したモロッコ代表MFハキミに加え、R・マドリードからベテランDFラモス、そしてリバプールからオランダ代表主将のワイナルドゥムを獲得し、チーム再建を目指すアルゼンチン人指揮官が最後のピースとしてポグバ獲得をクラブに訴えているという。

 一方、ポグバとマンチェスター・Uの契約は残り1年。延長契約が未だに合意に至らず、来年1月になればフランス代表MFは自由にイングランド以外のビッグクラブと移籍交渉が行える。

 こうした状況で「ミラー」紙は”5000万ポンド(約77億円)程度の移籍金でパリSGがポグバを獲得できる”と伝えている。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請