関西テレビ社長、上沼恵美子の「えみちゃんねる」打ち切り反撃手記に「コメントする立場にはない」

 関西テレビ(カンテレ、大阪市)の羽牟正一社長は21日、第1四半期の7月社長会見をオンラインで行い、昨年終了した長寿番組「快傑えみちゃんねる」のMCだったタレント・上沼恵美子の“恨み節”についての質問に「我々としてはコメントする立場にはない」と返答を避けた。

 トークバラエティー「―えみちゃんねる」は1995年7月にスタート。歯に衣着せぬ上沼の毒舌ぶりが人気で、本人も「ライフワーク」としてきたが、昨年7月、突然25年の歴史にピリオドが打たれた。

 コロナ禍での有観客スタジオ収録も終了の一因に挙げられ、上沼も終了当初は円満終了のように感謝の言葉を述べていたが、1年たち、今月発売の「文芸春秋」で、感謝は「大ウソ」とし「人生でいちばん傷つけられた出来事」「こんな終わり方をするのか」とカンテレに非がある旨の手記を寄せた。

 羽牟社長は「ちょうど1年経ちますけれども、上沼さんに25年に渡って番組にご出演いただきましたので、大変感謝しております。それはもう本当に変わってない」とし「発言については報道で承知はしておりますが、我々としてはコメントする立場にはない。言えるのはもうそれだけかな、というふうに思っております」と深い言及は避けた。

 上沼の今後の同局出演に関しては「出演の予定の話は聞いておりませんし、今のところはないと認識しております」としており、このまま“ケンカ別れ”で終わりそうな可能性が高くなってきた。

上沼恵美子
上沼恵美子

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請