【秋田】明桜 3投手の完封リレーで4大会ぶり10度目の出場へ王手 最速157キロ右腕・風間球打は登板せず

明桜の風間
明桜の風間

◆第103回全国高校野球選手権秋田大会▽準決勝 明桜11―0横手(21日・こまちスタジアム)

 最速157キロ右腕の風間球打(きゅうた、3年)を擁する明桜が2大会ぶりに決勝へ進出した。初戦から風間と石田一斗(3年)を交互に先発させていた輿石重弘監督は、「順番は決めていました」とこの日の先発を石田に託した。

 背番号6の右腕は常時140キロ前後の速球にキレのあるスライダーで相手打線をほんろう。6回までに5者連続を含む11三振を奪い3安打、無失点。7回以降は左腕・栗城蓮(3年)、右腕・山本隆世(3年)がつないで完封リレーを達成した。石田一は「3人で締めようと話をしていました」と笑みを浮かべた。18日の準々決勝・秋田戦で延長10回、155球を投げた風間は7回表にブルペンで軽めの投球練習。「準備はしていました。疲れはありません」と輿石監督。ネット裏では6球団のスカウトが視察したが、大差がついたこともあって登板はなかった。

 4大会ぶり10度目の出場へあと1勝。順番からすると決勝は風間の先発が有力だ。輿石監督は「(登板したら)丁寧に先頭打者を切って、秋田高戦のように粘り強い投球をしてほしい」と期待をかけた。3番打者の石田一は「投げるのは球打(風間)かもしれませんが、気持ちは一緒。絶対勝って甲子園へ行きたい」と力強く誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請