飯伏幸太、誤嚥性肺炎で24日の愛知大会まで欠場…25日東京DでのIWGP世界戦に赤信号

飯伏幸太
飯伏幸太

 新日本プロレスは21日、体調不良により欠場中の飯伏幸太(39)が改めて精密検査を受けた結果、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)と診断されたと発表した。今後、22、23日の大阪府立体育会館大会2連戦、24日の愛知県体育館大会まで欠場する。

 飯伏は今月10日の札幌大会から欠場中で、新日では当初、6日に接種した新型コロナウイルスワクチンの副反応による体調不良と説明していた。しかし、復帰予定だった19日の茨城・龍ヶ崎市総合体育館大会も体調が戻らず欠場。改めて病院で精密検査を受けた結果、誤嚥性肺炎と診断されたという。体調不良と新型コロナワクチン接種との因果関係はなかったという。

 今回の診断を受け、大阪、愛知の3大会で予定されていた飯伏出場予定だったタッグマッチには本間朋晃(44)が代わって出場する。

 飯伏は25日の東京ドーム大会でIWGP世界ヘビー級王者・鷹木信悟(38)に挑戦することが決まっているが、仮に出場できてもぶっつけ本番となり、事実上、赤信号が灯った形。新日では東京ドーム出場は「今後の回復状況を見ながら判断」としている。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請