王位戦第3局の“勝負メシ”藤井聡太王位は三田牛、豊島将之竜王はうな重

将棋の第62期王位戦七番勝負第3局で、1日目の昼食に出された藤井聡太王位の「三田牛と淡路玉葱焼き膳」(左)と豊島将之竜王の「国産うな重膳」(提供・日本将棋連盟)
将棋の第62期王位戦七番勝負第3局で、1日目の昼食に出された藤井聡太王位の「三田牛と淡路玉葱焼き膳」(左)と豊島将之竜王の「国産うな重膳」(提供・日本将棋連盟)

 兵庫県神戸市の「中の坊瑞苑」で指されている将棋・第62期王位戦七番勝負第3局1日目は21日午後12時30分に昼食休憩に入った。

 藤井聡太王位=棋聖=が“勝負メシ”に選択したのは「三田牛と淡路玉葱(ねぎ)焼き膳」。三田牛は神戸ビーフの元祖とされる高級食材。棋聖戦第2局(6月18日)の対局場で同じ兵庫の淡路島名産である玉ねぎなどを鉄板で焼くもので、甘みのハーモニーでエネルギーを補った。

 対する挑戦者・豊島将之竜王=叡王=は「国産うな重膳」をチョイスした。

 対局は休憩前で54手の早い展開。第2局は昼食前で52手(終局102手)だった。午後1時30分から再開される。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請