大谷翔平3打数3三振 後半戦に入り20打数11三振はメジャーワースト

三振に倒れベンチに戻る大谷
三振に倒れベンチに戻る大谷

◆米大リーグ アスレチックス6―0エンゼルス(20日・オークランド=オークランド・コロシアム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が20日(日本時間21日)、敵地のアスレチックス戦に「2番・DH」で出場。5月21日に左飛、三飛、空振り三振に封じられた右腕カプリーリアンに第1打席はストレートの四球、第2、第3打席はともにフルカウントから直球に空振り三振。7回にはベテラン右腕ロモに対し、球審の厳しい判定もあって追い込まれ、最後はボール球を振って3打席連続三振。打率は2割7分4厘となった。

 これで後半戦に入り5試合で20打数4安打の打率は2割。三振はメジャーワーストの11となった。 

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請