ソフトボール、日本が5回コールドで白星発進 好投の上野由岐子「いいスタート。楽しめている」

1回2死二塁、山本優の右前適時打で二塁走者・内藤実穂が生還
1回2死二塁、山本優の右前適時打で二塁走者・内藤実穂が生還

◆東京五輪 ソフトボール1次リーグ 日本8―1オーストラリア ※5回コールド(21日、福島県営あづま球場)

 東京五輪のソフトボールが21日、全33競技に先立って初戦を迎えた。2008年北京五輪で日本初の金メダルを獲得後、2大会で実施種目から外れ、3大会ぶりに復活。13年ぶり“2連覇”を狙う日本はエース・上野由岐子(ビックカメラ高崎)が先発登板し、4回1/3を7奪三振、1失点と好投。打っては5回までに3本の本塁打が飛び出し、8―1でコールド勝ちを収めた。

 上野はテレビインタビューで「立ち上がりは丁寧に行きすぎてボールが先行して失点してしまったのが正直悔しかった。もっと大胆に行って大丈夫だったのに…と反省しきりです。でも2回以降は切り替えて投げられたし、バックのみんながすぐに同点に追いついて逆転してくれてコールドで勝てたので、いいスタートが切れたと思います。今回はいろいろな思いがあっただけに、背負っているものを全て受け止めることができていて逆にすごく楽しめています!」とニッコリ笑って答えた。

 北京五輪決勝以来、4717日ぶりに五輪のマウンドに立った上野だが、初回は少し表情が硬かった。初回先頭・1番のロックスに内野安打を許すと、3度目の五輪となる3番のポーター、4番・チチクロニスを連続四死球で歩かせた。1死満塁になると、5番・フォーキンに対してはインコースへのシュート系のボールが手首付近に当たる死球で先制点を許し、悔しげな表情を見せた。しかし、その後はストレート、変化球で攻め方を立て直し、5回途中に代わるまでに7三振を奪い、強打のオーストラリア打線を1失点に抑えてゲームの流れを作った。

 打っては0―1で迎えた1回裏、2死二塁から4番・山本優の適時打で同点に追いついた。1―1の3回には2死二塁から内藤実穂が中越えの2ランを放って勝ち越し。3―1の4回には無死一塁から投打二刀流・藤田倭(3人ともビックカメラ高崎)が2球目のインコースへのライズボールをたたき、左越え2ランで突き放した。6―1の5回には無死一塁で山本の中越え2ランも飛び出し8―1とし、7点差がついてコールドゲームとなった。

◇ソフトボール代表の五輪の試合予定(開催地)

 ▽1次L第2戦 対メキシコ、22日正午~(福島)

 ▽1次L第3戦 対イタリア、24日午後8時~(横浜)

 ▽1次L第4戦 対カナダ、25日午後2時30分(横浜)

 ▽1次L第5戦 対米国、26日午前10時~(横浜)

 ※決勝は27日に横浜スタジアムで行われる。

試合詳細

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請