【阪神】矢野燿大監督、侍金メダルへメンバー同士の癖や傾向を共有提言

阪神・矢野燿大監督
阪神・矢野燿大監督

 阪神・矢野燿大監督(52)は20日、東京五輪を控えた侍ジャパンに、メンバー同士の癖や傾向を共有することを提言した。甲子園での練習後、「日本野球のために戦うんだから、情報が分かっているのであれば、伝えて。そうなってこないと駄目だよね」と球団の垣根を越えた協力体制を求めた。

 08年の北京五輪に出場した際には「例えば(藤川)球児がこうなっているとか癖が分かっているなら、申し訳ないけど、日本球界のために教えてくれ!」と頭を下げた。投手ならグラブの位置や手首の角度など、細かい動きで球種が特定されるケースもある。主将のヤクルト・宮本らと知り得る情報を全て交換し、弱点の矯正に生かした。代表メンバーの一部だけが把握している癖を相手国に突かれる事態は避けたかった。

 「それ(癖が直って)で(シーズンで)自分が打てなくなったり、チームがどうのこうのもあるけどね」。08年の阪神は2位に最大13ゲーム差から大逆転V逸。巨人・上原、中日・川上、岩瀬らに伝えた情報により、後半戦に支障が出た可能性もある。だが、そんなリスクを踏まえた上でも、金メダルが欲しかった。

 献身的な思いで臨んだ北京五輪も、準決勝で韓国に敗れた。岩瀬とバッテリーを組んでいた8回、李承ヨプに決勝2ランを浴びた。「短期間で集まって、すぐに実戦。あうんの呼吸というのは難しいなと俺も感じた」。13年前の屈辱を知るからこそ、結束の必要性を訴えた。(表 洋介)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請