十両・貴源治の大麻使用が判明 本人も大麻たばこの使用を認める 日本相撲協会発表

貴源治
貴源治

 日本相撲協会は20日、十両・貴源治(常盤山)が大麻を使用していたことが判明したと発表した。本人は名古屋場所中に大麻たばこを吸っていたことを認めたという。

 発表によると、今月17日の昼頃に「貴源治が大麻を使用しているのではないか」といううわさ話が力士の間で交わされているとの情報が協会事務所に入った。常盤山部屋の協会員2人がそのことを知っているかもしれない、との内容が含まれていたため、午後8時頃に師匠の常盤山親方(元小結・隆三杉)と協会職員で、その2人に話を聞いたところ、うち1人から「かなり前に『貴源治が大麻をやっている』と力士らが話しているのを傍らで聞いたことがある」、「それ以降はそのような話を聞いたことはない」との情報を入手した。

 これを受けて協会は同18日の名古屋場所千秋楽取組後に貴源治と常盤山親方を呼び、尾車コンプライアンス部長(元大関・琴風)が面談。本人は「大麻成分が含まれているCBDオイルという痛み止めを使用している」、「あがり症を抑えるために食べているグミにも大麻成分が入っていると聞いた」などとし、「そういったことから、うわさ話が出たのではないか」などとして大麻の使用事実は否認したが、薬物検査には応じることに同意した。

 翌19日の午後3時頃に、コンプライアンス委員会の作業班弁護士の立ち会いのもと、クリニックで薬物検査(尿検査)を実施したところ、大麻陽性の判定が出た。これを受けて青沼隆之コンプライアンス委員長が聞き取りを行ったところ、貴源治は名古屋場所中に宿舎近くの道路で歩きながら大麻たばこを1本吸っていたことを認めた。

 そのため相撲協会は内部規定に従って警察に通報。警視庁が捜査を開始し、現在も捜査中という。貴源治は警視庁の事情聴取終了後に帰宅を許され、師匠の指示で謹慎しているという。

 八角理事長(元横綱・北勝海)はコンプライアンス委員会に事実関係の調査と処分意見の答申を委嘱。今後は警察の捜査に全面的に協力し、調査や処分の検討を実施する予定としている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請