【オリックス】遠征同行チームスタッフが新型コロナ陽性判定 濃厚接触者はなし

 オリックスは19日、チームスタッフ1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたことを発表した。16日夜に微熱(37・2度)があり、自宅療養していたが、18日朝に体温が38・5度に上昇したため、大阪市内の病院でPCR検査を受検。同日午後に陽性と判定された。現在は保健所の指示により、指定の医療機関で隔離療養している。

 当該スタッフは前半戦最終カードとなった13日(釧路)、14日(帯広)の日本ハム2連戦に同行。帯広での試合終了後、東京に移動し、翌15日に東京から大阪に戻り、帰宅していた。この間、外出や会食などへの参加はなく、勤務中はマスクを着用して「NPB新型コロナウイルス感染予防ガイドライン」に記載されている感染予防対策を実施していたという。16、17日はチームは休日だった。

 これを受けて、18日にチーム帯同メンバー64人を対象にPCR検査を実施して、全員の陰性が確認。管轄の保健所から、濃厚接触者に該当する関係者はなしと判定された。NPB事務局にも報告済みで、球団はこれまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策について、選手、スタッフ、関係者全員に再度、周知徹底を図っていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請