いじめ問題の小山田圭吾はあくまで続投、組織委「高い倫理観をもって創作」

スポーツ報知
オリンピックモニュメントと国立競技場

 23日の東京五輪開会式で楽曲を担当するチームの一員に任命されたミュージシャン・小山田圭吾が過去に雑誌などでいじめを告白したとして問題視されている騒動について、東京五輪組織委の高谷正哲スポークスパーソンは19日、「本人が、後悔、反省しているし、お詫び文も掲出された。高い倫理観をもって創作されているクリエーターの1人と認識している。貢献はたいへん大きなもので、最後まで準備尽くしてもらいたいと考えている」と改めて続投の方向性を示した。

 小山田は90年代の音楽雑誌でのインタビューなどで、障がいを持つ同級生をいじめていたことを明かしている。当時の記事がネット上で拡散。「多様性と調和」を掲げる東京五輪・パラリンピックにふさわしくないとの声がSNS上で上がっている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請