立川志らく、小山田圭吾のいじめ問題謝罪をバッサリ「発覚したから火消しをしているというだけ」

立川志らく
立川志らく

 落語家の立川志らくが19日、TBS系「ひるおび!」(月~金曜・午前10時25分)にコメンテーターとして生出演した。

 番組では、23日に迫った東京五輪開会式で楽曲を担当するチームの一員に任命されたミュージシャン小山田圭吾が、過去に雑誌などで障害者へのいじめを告白していたとして問題視されていることについて報じた。

 この問題に小山田は16日にSNSで「多くの方々を大変不快なお気持ちにさせることとなり、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」と謝罪。組織委員会の武藤敏郎事務総長は17日の会見で「小山田さんが謝罪されたのを、わたくしどもも理解しました。彼は現時点で十分に謝罪し、反省をしている。我々は当初、そういうことを知らなかったのは事実だが、小山田さんに引き続き、貢献していただきたいと考えています」と説明した。

 志らくは「(街頭インタビューで)一生何も出来なくなるじゃないかって言っているけれども、罪を償っていないからいけないんですよ。この方が過去にこういった過ちを犯した、それで僕は世の中からいじめを無くすためにミュージシャンになって、それがつながってオリンピックというのだったらわかるんだけど。ミュージシャンになってから武勇伝で語っている」と小山田がこれまで反省を示すような行動や活動をしてこなかったと指摘。

 謝罪文をツイッターで公開したことに「今回、謝罪はしているけれども、発覚したから火消しをしているというだけ」と切り捨て、「謝りに行きますって今更言ったって、(被害者は)トラウマになっているから来られても困る」と被害者も迷惑だとした。

 改めて「何にもしていないんですもん。罪を犯して捕まって罪を償ってというならまだしも、そういうこともない。これから、いじめを無くすために団体を作るとか、印税の何パーセントかをそういう団体に寄付をするとか何にもしていない」と反省を示す行動がないとし、「ただすみませんと謝っているだけじゃ、世間は納得しないですよ。このままオリンピックで流れて、アスリートがみんな耳をふさいだらどうするんですか、この人の音楽を聴きたくないって。組織委員会が謝っているからもういいんです、使いますじゃ世間は済まないですね」と話した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請