【阪神】佐藤輝はマイペース? 同期・中野拓夢が明かす「人に流されないのは彼のいいところ」 インタビュー<下>

試合前練習の合間に、中野拓夢(右)と談笑する佐藤輝明
試合前練習の合間に、中野拓夢(右)と談笑する佐藤輝明

 阪神のドラフト6位・中野拓夢内野手がこのほど、オンラインでの合同インタビューに応じ、後半戦に向けて意気込みを語った。リーグワースト13失策を記録する守備に対する考えや、同期でドラフト1位の佐藤輝との関係性、リラックス法なども明かした。(インタビュー上からの続き)

 

 ―ミスをしても翌日に取り返す。気持ちの切り替えで意識することは

 中野「ミスした次の試合が一番大事だっていうのは、自分でもわかっています。何とかずっとレギュラーで出るためには、そういった取り返すようなプレーをすることが大事だと思っているので、帰って頭を整理して、次の日に向けてしっかりと気持ちを切り替えることはうまく出来ているのかなと。後半戦もミスした後のプレーをしっかりと強い気持ちを持って、やっていきたいなと思います」

 ―攻めた守備の結果だが、失策数(リーグワースト13個)が多い。後半戦も攻めた守備は貫きたいか

 「そうですね。引いて守るってことは自分としても、嫌な部分といいますか…。見てる方としても、攻めたプレーの方が仕方ないなって気持ちにもなると思いますし、自分としても攻めたプレーだったら全然割り切れるなって考えはあります。引いた守備というよりは、これからも攻めた守備をやっていきたいなと思います」

 ―同期入団のドラフト1位・佐藤輝の人柄は

 「いい意味で自分を持っているというか、マイペースな部分もありますし。人に流されないというところは、彼のいいところなのかなと思いますね」

 ―佐藤輝の能力で盗めるものがあれば

 「やっぱり、打球を飛ばせるところかなと思います」

 ―同期だからこそ、苦しい時期に励ましあったこと

 「今のところはそこまで、お互いに励ましあったりってことはないんですけど。やはり、良くなかった時に野球の話というよりは、他愛もない会話をする方がいいのかなと思っているので。どちらかと言えば、励まし合うというよりは、普通の会話をすることが多いと思います」

 ―言える範囲で、どんな話を

 「佐藤選手がももクロ好きなので、たまに自分がももクロの話題を…あまり詳しくはないんですけど、そういった話をしたりだとか。そういった本当に他愛もない会話をしてます」

 ―外出が難しい中での息抜きは

 「Netflixであったり、Amazonプライムであったりで、映画やドラマを見ることが今のところは息抜きかなと思います」

 ―最近ハマっているもの

 「Amazonプライムのドキュメンタルなど、そういうのを見て、一人で笑っています」

 ―好きな芸人は

「ドキュメンタルを見た時にくっきーであったり、ハリウッドザコシショウだったり、そういった方を見ておもしろいなとは感じてます」

 ―最後に後半戦に向けて。東京五輪によるリーグ中断期間で修正したい点、活用法は

 「今は特に試そうかなと思ってることはないんですが、もう少し打球を飛ばせるように頑張りたい。それに、全体的にまだまだ課題が多いので、試合をやりながらそういった課題をしっかりと克服できるように、やっていける期間にできればいいかなと思います」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請