【アイビスサマーダッシュ展望】ダイワメジャー産駒の3歳馬モントライゼが中心

スポーツ報知
アイビスサマーダッシュの登録馬。※騎手は想定

 第21回アイビスサマーダッシュ・G3は7月25日、新潟競馬場の芝直線1000メートルで行われる。

 葵ステークス5着以来のモントライゼ(牡3歳、栗東・松永幹夫厩舎)を主力視する。ダイワメジャー産駒のパワフルボディーで、1400メートルの京王杯2歳S勝ちがあるが、快速タイプだけに距離短縮、1000メートル戦は大歓迎。1週前は栗東坂路で51秒7―12秒5の好タイムをマークし、態勢は整った。川田将雅騎手とのコンビで重賞2勝目に挑む。

 一昨年1着、昨年2着の直千巧者・ライオンボス(牡6歳、美浦・和田正一郎厩舎)が当レース2勝目を狙う。昨年は、一瞬の隙をつかれて、ジョーカナチャンに大外のVロードを奪われたが、高い適性、地力を示した。稍重、58キロの前哨戦・韋駄天S9着に終わったが当然巻き返しに注意が必要だ。

 その韋駄天S勝ち馬のタマモメイトウ(牡5歳、栗東・藤岡健一厩舎)が続く。初めての直千競馬で一発回答。時計のかかる競馬がベストも、1週前の坂路での活気あふれる走りを見る限り、コンディションはさらに上がっており、最適舞台で連勝、重賞制覇の期待がかかる。

 2度目の芝挑戦となった韋駄天Sで3着に入った、ロードエース(牡6歳、栗東・松下武士厩舎)、葵ステークス3着オールアットワンス(牝3歳、美浦・中舘英二厩舎)は51キロを生かしたい一戦。調子が戻れば、昨年3着のビリーバー(牝6歳、美浦・石毛善彦厩舎)、オーシャンS4着のヒロイックアゲン(牝7歳、美浦・加藤和宏厩舎)もコース得意で圏内。(大上 賢一郎)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請