橋下徹氏、出場辞退・米子松蔭高主将の悲痛の声に見解「この高校生の声を無視するのか!」

スポーツ報知
橋下徹氏

 元大阪府知事の橋下徹氏が18日、自身のツイッターを更新。鳥取県・米子松蔭高の学校関係者1人に新型コロナウイルス感染が判明し、大会の出場を辞退したことに私見を述べた。

 橋下氏は、米子松蔭高の野球部・西村虎之助主将と思われる「僕たちは夏の大会に向けて、甲子園目指して、必死に練習してきました。部員から陽性者は出ていません。校長先生含め学校は最後の最後まで出場できる道を探してくれました。試合もできずに、このまま終わってしまうのは、あまりにも辛いです。何とか出場する道を模索していただけませんか?」というツイッターを引用。

 そして「日本政府、与野党の国会議員、高野連、朝日新聞、毎日新聞、文科省、オリパラ組織委員会、JOC、IOC、バッハ氏、この高校生の声を無視するのか!彼らの後の人生を想像しろ!オリバラを開催した執念をここでも見せろ!」とつづった。

 その後「高野連よ、自分たちの保身に走るな!この思考停止は恥ずかしくないのか?高校野球に関与している朝日新聞、毎日新聞、いつも言っていることをここで実践しろ!」と追記のメッセージをツイートした。

 米子松蔭高は春夏通じて甲子園に4度出場。今年の春季県大会に優勝し、今夏の甲子園出場を目指す有力校だった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請