【球宴】ヤクルト・村上宗隆がホームランダービーの平均打球速度1位…「日産リーフ賞」に輝く

日産自動車株式会社日本マーケティング本部・増田泰久副本部長(左)から「日産リーフ賞」を受け取るヤクルト・村上
日産自動車株式会社日本マーケティング本部・増田泰久副本部長(左)から「日産リーフ賞」を受け取るヤクルト・村上

◆マイナビオールスターゲーム2021 全パ4―3全セ(17日・楽天生命パーク)

 ヤクルト・村上宗隆内野手(21)が「日産リーフ賞」を受賞し、日産自動車から「日産リーフ」が贈呈された。同賞はオールスターゲームで行われたホームランダービーにおいて、平均打球速度が一番速かった選手に贈られるもの。村上は初戦で柳田(ソフトバンク)に勝利。次戦で吉田正(オリックス)に敗れ決勝進出はならなかったが、平均打球速度157キロは全8選手でトップ。2位の佐藤輝(阪神)、山川(西武)の155キロを上回った。

 CO2排出ゼロの100%電気自動車でワクワクする加速感が魅力の一台をゲットし「めちゃめちゃきつかったですけど、リーフ賞もいただけてうれしいです。打球速度も飛距離ももっと伸ばして、たくさんホームランを打てるように頑張ります」と笑顔を見せていた。

 

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請