【球宴】延長の末、山川穂高がホームランダービー優勝逃す「だいぶ力んでしまった」

ホームラン競争決勝 延長戦で優勝を逃した山川穂高
ホームラン競争決勝 延長戦で優勝を逃した山川穂高

◆マイナビオールスターゲーム2021 全パ―全セ(17日・楽天生命)

 ホームランダービーの決勝戦に臨んだ西武の山川穂高内野手が、オリックス・吉田正に一歩及ばず、敗退した。

 ロッテ・マーティンが腰部の張りで出場を辞退。緊急出場となったが、16日には佐藤輝(阪神)、山田(ヤクルト)を撃破し、決勝進出を決めていた。決勝戦では、前日に続いて同僚の源田を打撃投手に指名し、先攻で4本を放った。しかし、後攻の吉田正も4本と並んで引き分け。1分間の延長戦の末、吉田正が山川を1本上回る5本を放ち、優勝を決めた。

 自身初のダービー優勝を狙っていた獅子の大砲は、額の汗を拭いながら「いや~、昨日よりだいぶ力んでしまいました。やっぱり力んでしまうとダメですね」と苦笑いを浮かべた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請