馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 函館

各地でデビュー(栗東)

 こんにちは、山本です。お久しぶりのパッチパチは、金曜恒例と書くのも恥ずかしいぐらいに久々なんですが、梅田の会社からでございます。ではでは、早速行ってみましょうか♪

 さて、本日はプロ野球のオールスター戦。交流戦が始まったからでしょうかね、最近はオールスター戦と聞いても正直、ドキドキまではいかないにしても、楽しみという感覚が少なくなってきましたよね。特に今年は大谷選手を通じて、メジャーのオールスターを堪能してしまったこともあり、ゲームの様子を冷静にBGMとしながら、パッチパチをしている感じです。

 今年前半の日本プロ野球。セ・リーグでは本日の紙面にも書かれていましたが、何やかんやとあった巨人がよくぞ2位で踏みとどまっているな、という感じ。まぁ、ひいき目込みですが、後半は伸びしろしかないぐらいに思っています。ただ、注目はパ・リーグですよ。何と言ってもオリックス。若くて、いいピッチャーやバッターが多いうえ、今までそんなに取り上げられてなかったから、新鮮な名前に目を奪われる。そして、今の我が社のオリックス担当は競馬スタッフOBで、当ブログにも何度か登場していたフェニックスこと宮崎記者。先日、会社でばったり会った時は呑気なモノでしたが、Vが目前まで迫って、仕事に奔走する姿が見れるんでしょうかね。やはり、元仲間ですから、長い原稿で署名を見るのはうれしいモノですよ。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。まずは福島5R。ここに音無厩舎の【マジカルキュート(牝、父ディープインパクト、母ソーマジック)】が出走します。姉にマジックキャッスルなどを持つ、POGでは要注目の血筋。春にゲート合格した時も、少し間隔を空けて戻ってきた時も正直、いかにもディープ牝馬といった、小柄で繊細な感じだったんですけど、これが時計出るんですよね。

 生野助手に聞いたんですが、速い追い切りに乗っている松若Jによると、まだ乗り味抜群とかいう感じではないのに、時計が出ているようなんです。思っているより時計が出る、というのは走る馬によく聞くフレーズではありますよね。「やはり軽いな、という感じの動きですが、あれで時計が出るんだから、能力があると思います。いい馬場で走らせたいタイプの馬ですね」と生野助手。ここはスピードで圧倒するシーンを期待したいですね。

 小倉5Rでは注目の血統馬、松下厩舎でサトノレイナスなどの下になる【ヴァラダムドラー(牝、父ジャスタウェイ、母バラダセール)】が出走します。ここまで順調にメニューを消化しているのはお伝えしていますが、今週は聞けておりません。すいません。ここには友道厩舎から【ヴィルティス(牝、父ラブリーデイ、母リアリティー)】が出走します。良血馬ぞろいの友道厩舎勢の中では地味な存在なのですが、動き自体はしっかりとしたもの。「水準ぐらいは動けています。まだ、これといった強調材料には乏しいけど、この条件でどれぐらい走るか見てみたい」と友道調教師は適性を探る意味も込めた一戦、とい見立てです。

 ということで、ここからは友道厩舎のお話をイッキに。今週の栗東では【セレブレイトガイズ(牡、父ハービンジャー、母ライフフォーセール)】と【ジュンブロッサム(牡、父ワールドエース、母エンプレスティアラ)】がゲート試験に合格し、放牧に出されました。セレブレイトは姉にダノンファンタジーを持つセレクト2億1000万円馬。友道調教師は体つきを高く評価しつつ、「この血統だけに気性面を気にしながらやりたい」と慎重な一面も。兄になるアドマイヤベネラは気性面で力を発揮できていないですからね。いずれにせよ、再び栗東に入ってくる日に注目です。

 来週から始まる新潟開催でも2歳馬のデビューが控えています。半兄にヨーホーレイクを持つ【ダンテスヴュー(牡、父キングカメハメハ、母クロウキャニオン)】は8月15日の新潟芝1800メートルを目標に調整していくようです。その前日、8月14日の牝馬限定、芝1400メートルに【ミント(牝、父エピファネイア、母ビートマッチ)】がスタンバイ。この2レースはいずれも福永Jが手綱を執ります。あと、重賞勝ち馬の初子、【アドマイヤラヴィ(牝、父ロードカナロア、母アドマイヤミヤビ)】は新潟2週目の芝外回りの新馬(3レースあるんですよね)を視野に調整していくようです。

 北海道からもデビューします。まずは既報通り、8月1日の函館芝2000メートルにルメールJで【ジャスティンスカイ(牡、父キタサンブラック、母リアリサトリス)】ですよね。こちらは、すでに函館に入っています。そして、今日はもう一頭。ワタクシが裏ハコ取材の時にゲート試験を見た【グラヴィタス(牝、父キングカメハメハ、母ヴィルシーナ)】も現在、8月22日の札幌芝1800メートルを目標にしているとのことです。鞍上はルメールJの予定。この血統にしては早めのデビューとなりますから、まずは無事にたどり着いてほしいところです。

 ということで、ネット限定「厳選馬」。今日は手堅すぎてすいません。

函館5R・5ダンスウィズジョイ(色々と考えたが、単純に調整過程&動きで、同馬に勝てる逆転候補が思い浮かばず。少頭数でしっかりデビューV)

 続いては「馬券王への道 延長戦」をどうぞ。

小倉2R・10ガールズヒロイン(勝負どころで位置を下げながら、再び盛り返した前走の内容評価)

小倉8R・1スマートルシーダ(しつこく狙ってます。五分の発馬で、もう少し位置が取れれば、の期待)

函館1R・1セイウンプラチナ(初戦がいかにも距離が延びてこそ、という競馬。変わる)

函館12R・9ダンツイノーバ(先行争いが激しそうだが、タフな流れの方が持ち味生きる先行馬)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

 

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請