【西東京】国士舘はセンバツ出場校・東海大菅生に敗れ3回戦敗退 プロ注目・清水武蔵は4打数1安打2打点

スポーツ報知
プロ注目の国士舘・清水武蔵遊撃手

◆第103回全国高校野球選手権大会西東京大会 ▽3回戦 国士舘2―4東海大菅生(16日・スリーボンド八王子)

 国士舘は今春センバツ出場校の東海大菅生に敗れ、3回戦で甲子園出場の夢が途絶えた。プロ注目の清水武蔵遊撃手(3年)は4打数1安打2打点の活躍。夏の聖地への切符は失ったが、「大事なところで打てるバッターになりたい」とプロ入りへ向けて強い気持ちを見せた。

 力強い声が響き渡った。3点を追う3回2死一、二塁のチャンスで、変化球をとらえ、中前適時二塁打で2点を返すとガッツポーズしてほえた。「食らいついて粘り強く打てた。ストライクゾーンにきたらとにかくひっぱたこうと思っていました」。チームはその後、1点を失い敗れたが、プロへのアピールは十分だ。

 スタンドにはソフトバンク、広島などプロ8球団のスカウトが視察。永田昌弘監督(63)が指揮を執った国士舘大学でプレーをしていたオリックス・小松スカウトは「飛ばす能力もあるし、ブレが無い。守備でも声かけができる選手」と評価。日本ハムの坂本スカウトは「野性味があふれていて巨人の元木コーチの高校時代を見ているみたい。器用さがあって今後の成長も楽しみ」と期待を寄せた。

 鹿児島生まれの男は父からいわれた鹿児島弁の「生魂(いっだま)こめて野球やれ」の言葉を胸に常に全力でプレーしてきた。進路はプロ一本。「打点や打率をコンスタントに取れる、大事なところで打てるバッターになりたい」。闘魂込めたプレーでプロ入りへの階段を駆け上がる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請