若狭勝弁護士、飯塚幸三被告は反省の態度なく求刑重くなった…池袋暴走事故

スポーツ報知
若狭勝弁護士

 東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走して松永真菜さん(当時31)、長女の莉子ちゃん(同3)が死亡した事故の公判が15日、東京地裁であり、検察側は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(90)に禁錮7年を求刑した。飯塚被告は改めて無罪を主張し、結審した。判決は9月2日に言い渡される。

 元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は、上限の禁錮7年が求刑されたことについて、「本来、示談ができて、遺族の方が『厳しくなくてもいい』と言えば執行猶予もあり得る話。一般的な事例から見ても、少し重い求刑となった」と話した。

 その理由については「過失があることを前提にすれば、示談ができておらず否認をしている、反省の態度がないというのは求刑が重くなる。また、(被告は)高齢でもあり運転すべきではない状態、運転すれば事故が起きると想定できる状態だった。それをあえて運転していたことの責任が重いでしょう」と説明した。

 判決については「示談が成立するなど、状況が全く変わらなければ、禁錮5、6年が考えられる。実刑の場合、どうしても求刑より少なめにはなると思う」と予測したが「判決が確定しても、高齢を理由に刑務所に行くことを一時的に免除される可能性がある」と指摘した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請