北斗の拳がミュージカルに 原哲夫氏「あたたたたぁ~!な高音域の歌声 舞台はもう華やいでいる!」

スポーツ報知
ケンシロウ役に抜てきされた大貫勇輔(c)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS―111

 人気漫画「北斗の拳」が、「フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~」(東京・日生劇場、12月公演/22年、中国公演)として初めてミュージカルになることが15日、分かった。主人公のケンシロウを演じるダンサーで俳優の大貫勇輔(32)がこのほどスポーツ報知などの取材に応じ、「原作ファンに認めてもらえるよう、責任感をいまからビンビンに感じています」と胸を高鳴らせた。

 1983年に「週刊少年ジャンプ」で連載が始まり、累計発行部数は1億部を超える名作漫画。これまでアニメやハリウッドでの実写映画はあるが、ミュージカル化は初めてだ。原作のどの部分を舞台化するかは、まだベールに包まれている。

 ケンシロウの体に寄せるため、現在は肉体改造に専念する大貫。「ダンスでは、大胸筋は振り付けの時に邪魔になるので、あまり鍛えないが、ケンシロウは肩も胸も筋肉隆々。週2回はパーソナルトレーニングを行い、北斗百裂拳のために、空手も習い始めました。千秋楽を迎えるまで鍛え続け、背中で語れるようになりたいです」。70キロ台だった体重は現在約80キロ。トレーニングを積んでさらなる増量を目指す。

 「北斗の拳」と言えば、名セリフの宝庫だ。大貫は「『お前はもう死んでいる』は一番言いたい。でも、セリフがあまりにも有名なので、皆さんが身構えてしまうと思う。セリフを意識させるのではなく、物語にのめり込んでもらえるようにしたい」。独特な敵役のやられ方も魅力の一つ。「敵役がはじけ飛ぶ演出をどうするのかも、今から楽しみ。僕も『あたたたたぁ~!』を練習しないと」

 脇を固める共演陣には、ミュージカル俳優がそろった。トキ役はダブルキャストで加藤和樹(36)と小野田龍之介(30)、シン役は植原卓也(33)と上田堪大(32)、レイとジュウザ役は役代わりで伊礼彼方(39)と上原理生(34)が演じる。ラオウ役は後日発表される。

 ◆北斗の拳 原作・武論尊氏、漫画・原哲夫氏による大人気格闘漫画。「週刊少年ジャンプ」で1983~88年まで連載された。最終戦争により文明が失われ、暴力が横行する世界となった世紀末を舞台に、北斗神拳の伝承者・ケンシロウが、救世主として成長していく。社会現象にもなり、アニメや映画、脇役にスポットを当てたスピンオフ作品も制作された。

 ◆大貫 勇輔(おおぬき・ゆうすけ)1988年8月31日、神奈川県生まれ。32歳。7歳からダンスを始め、17歳でプロダンサーとしてデビュー。2011年、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」で“死のダンサー”役でミュージカルデビュー。21年8月にミュージカル「王家の紋章」、10月に映画「ルパンの娘」の出演を控えている。身長180センチ。

 武論尊氏(原作)「歌って踊る前に殴ってしまうのでは…とハラハラしながらも(笑い)、作品で大切にしていた『宿命』と『愛』を演じていただけるとのことで、どんな切り取り方をするのか楽しみにしております」

 原哲夫氏(漫画)「ケンシロウ役の大貫さんは日本人離れした体格と身体能力、あたたたたぁ~!な高音域の歌声と退かぬ!媚(こ)びぬ!並みの踊りで、舞台はもう既に華やいでいる!」

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×