藤田菜七子騎手 東京五輪は馬術に期待 聖火リレーの点火セレモニー参加

スポーツ報知
最終ランナーの土屋太鳳に聖火をつないだ藤田菜七子騎手(左)

 JRAの藤田菜七子騎手=美浦・根本康広厩舎=が7月14日、東京・府中市の東京競馬場で、東京五輪聖火リレーの公道走行に代わる点火セレモニーに参加した。

 競馬好きで知られる予備校塾講師でタレントの林修氏から聖火を受け取ると、2人で息の合った騎乗スタイルを披露。その炎を、最終ランナーでJRAのプロモーションキャラクターを務める女優の土屋太鳳(26)につなぐと、今度は女子2人で元気なガッツポーズを決めた。

 大役を終えた菜七子は「いつもは競馬で(東京競馬場に)来ていますが、たくさんの人の思いが詰まった炎だと考えると、違った責任を感じました。聖火ランナーを務められて光栄です」と笑みを見せた。注目の五輪種目には馬術を挙げ、「競馬と同じ、馬とのコンタクトが大切な競技なので、勉強するつもりで見て応援したい」と話した。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請